翁長知事が菅官房長官と会談

来年度予算の決定を受け、挨拶まわりのため上京中の翁長知事。27日午前、菅官房長官と会談し、今後も政府と県が話し合いを進めるべきだとの考えを伝えました。

会談の中で翁長知事は、裁判の和解条項の中でも沖縄を含むオールジャパンで協議をして米国と対話するように求められているなどとして、政府に対し、話し合いのテーブルにつくよう求めたということです。

菅官房長官は「知事の考えは強硬にならざる得ないということは賜りました。ただ我が国は法治国家であって、政府として今回の確定判決和解の及び趣旨に従って埋め立て工事を進めていく」と話しました。

また工事再開の一報は、軍転協としてオスプレイ墜落事故への抗議の途中に伝えられました。

翁長知事は「沖縄県民の怒りと悲しみはすごいものがありますから、そう簡単に物事は進みませんよということを申し上げたいと思う」と話していました。

稲嶺市長は「埋め立て工事というのは、そうそう簡単にできるものではないと思っている。今回早速、工事再開したよということは対外向けのPR狙いじゃないのか」と話していました。