世界の民族衣装・料理も JICA国際協力・交流祭

多くの県民に国際協力や国際交流に関心を持ってもらおうと、浦添市で19日、JICA(国際協力機構)沖縄のフェスティバルが始まりました。

このイベントは、海外から来ている研修員との交流を通して、国際協力などに関する理解を深めてもらおうと、JICA沖縄が毎年開いているものです。

会場には、世界100カ国以上の民族衣装を試着できるブースや、世界から注目される日本のロボットを操作できるコーナーも設けられ、誰もが気軽に楽しめるイベントとなっています。また、様々な国の料理を楽しめるコーナーもあり、訪れた人たちは、普段食べることのない味を楽しんでいました。

「JICA国際協力・交流フェスティバル」は、20日(日)午後4時まで開かれています。