16-11-06-05

「親子」をテーマにした撮影会が那覇市で開かれました。この撮影会は、県内で補聴器を販売する「琉球補聴器」などが、家族の絆をさらに深めてもらおうと開催したもので、33組の親子が参加しました。

撮影を行ったのは、30年以上親子の写真を撮り続けている写真家のブルース・オズボーンさん。家族と一緒にダンスをしたりと様々な技を駆使して素敵な笑顔をカメラに収めていました。

オズボーンさんは、「大事な関係。一緒にいる時間は大切。(親子関係は)天気みたい。毎日晴れじゃないけど、親子関係も毎日晴れじゃないけど、でも一番大事な関係」と話していました。

参加した家族は、さわやかな青空のもと、一番の笑顔を見せていました。