ハリアー墜落 県抗議

22日に沖縄本島沖合で起きた海兵隊のハリアー墜落事故を受けて、23日、県が外務・防衛の担当者を呼び出し抗議しました。

翁長知事「いや、もう度々こういうことが起きて、度々抗議して何も変わらないわけですからね」

23日、県は外務省と沖縄防衛局の担当者を県庁に呼び出し、22日の事故に抗議。事故原因が明らかになるまでの間、同じ機種の飛行を中止するよう求めました。

安慶田副知事「私たち沖縄県民が米軍の基地負担をいかに過重に抱えているかちいうことは一目瞭然だと思います」

これに対し、外務省の川田大使は22日にアメリカ軍に再発防止と原因究明を求めたことを伝えました。

度重なる米軍機の事故に県民からは再発防止への疑問の声が上がりそうです。