オール沖縄会議が不当判決を訴える県民集会

辺野古の新基地建設を巡る違法確認訴訟で県側敗訴の判決は不当だとして9月21日判決に抗議する県民集会が開かれました。

21日、那覇市の県民広場に集まったのは主催者発表でおよそ1500人。オール沖縄会議の共同代表や、県選出の衆参国会議員などがマイクを握り、それぞれ「まだ諦めない」と決意を語りました。

集会で稲嶺市長は「判決に屈することなく、最高裁判所でも闘う、あるいはその後もまた闘う」と挨拶しました。

また参加者の一人は「(裁判所は)権力だけを見ていて、国民の意思を見てないんだなって」と話していました。

違法確認訴訟では県が23日、最高裁に上告する予定です。