高江民間ヘリ空輸 知事「到底容認できない」

東村高江のヘリパッド建設のため、政府が民間ヘリを使って工事を強行したことについて、翁長知事は9日「到底容認できない」と批判しました。

翁長知事は9日、防衛省で記者の質問に答え「事前に十分な説明もなく、一方的に工事を進めようとする政府の姿勢は、到底容認できるものではない」と政府が民間ヘリを使って資機材を空輸したことを強く批判しました。

また知事は、軍転協の要請の場で稲田防衛大臣と就任後初めて面談。要請で、普天間基地の県外移設など基地負担軽減を求めました。

これに対し稲田防衛大臣は「沖縄の基地負担軽減については、しっかりと目に見える形で進めたいと思っている」と答えました。

稲田防衛大臣は10日から沖縄を訪れる予定でしたが、北朝鮮への対応で急遽中止となりました。