桑江市長 キンザー受け入れへ県の協力求める

牧港にあるアメリカ軍キャンプキンザーの一部を沖縄市に移転することに知事が容認の姿勢を示しました。

アメリカ軍の再編に伴い、嘉手納弾薬庫地区に牧港補給地区の一部施設を移転させる計画について、8月8日、沖縄市の桑江市長が翁長知事を訪ね、受け入れについての知事の意見を求めました。

これに対し翁長知事は、「嘉手納より南の返還は、基地負担の軽減のために、確実に実施されることが必要」と述べ、計画を容認する考えを示しました。

この問題をめぐっては、桑江市長はこれまで、地元住民に対し、懸念事項の聞き取りを実施するなど、受け入れを検討してきました。8日の会談には、県の協力を求めることで、受け入れを進めたい狙いがあると見られます。