尖閣諸島周辺にきょうも中国船

尖閣周辺に一時、過去最多の15隻が航行しました。

海上保安庁によりますと、尖閣諸島周辺には、8月8日も中国の公船が次々に出入りを繰り返しました。特に、午後1時35分から2時過ぎにかけては、過去最多となる15隻が接続水域や領海内を同時に航行しているのが確認されました。

中国公船による接続水域の航行や領海への侵入は、8日で4日連続となりました。