辺野古着工から2年

辺野古での工事が始まって1日で2年。工事は止まっていますが、ゲート前では、抗議行動が続いています。

3月に裁判が和解となって以降、辺野古での工事は停止していて、1日の辺野古の海上には数隻の船が見られただけです。

一方、シュワブのゲート前では市民らが、「工事の断念まであきらめない」と、抗議の声を上げ続けています。

山城博治さん「私たちの現場の運動もあって和解という名の中止に追い込んだというのは(この2年の運動の)大きな成果だと思います」

市民は「今は通過点だと思っています。政府はここを諦めていないというメッセージをずっと出し続けていますから」

現在工事は止まっているものの国は「辺野古が唯一の解決策」との姿勢を崩しておらず、反対する県との対立の溝は埋まっていません。