16-03-02-005

瀬長亀次郎の功績を後世に伝えようと建てられた不屈館で県出身の、報道カメラマン石川文洋さんの講演会が開かれました。この講演会は、不屈館の開館3周年を記念して開かれたものです。

石川文洋さんは、ベトナム戦争では最前線で撮影をしていました。

講演では、ベトナム戦争時に、沖縄の米軍基地から、戦闘機が出ていたことに触れ、沖縄が戦争に加担しているようで、もどかしい思いだったと振り返りました。

石川文洋さんは「ベトナム戦争のような事を二度と、沖縄がしてはいけない、繰り返してはいけないということを私は訴えたいですね。」と話していました。

訪れた多くの人々は、写真を見つめながら、石川さんの話に聞き入っていました。