2015年観光客数 過去最高

2015年1年間に沖縄を訪れた観光客が776万人を突破し、過去最高を記録しました。

県文化観光スポーツ部によりますと、2015年1年間の沖縄への観光客数は、国内外合わせて776万3000人で、70万人余り増加しました。

国内からは626万1800人で1.6%の伸びに留まったものの、海外からの旅行客は150万1200人と、初めて150万人を超え、過去最高となりました。

このうち台湾からは、38%増の47万4900人と最も多く、伸び率では中国本土がおよそ2.6倍の29万6500人と最も高くなりました。

県では円安が続いていることや海外路線の拡充、クルーズ船の寄港が増えていることが増加の背景にあると見ています。