ふくらしゃる粟国 今昔展

島の懐かしい風景や文化、家族の肖像などを写真や道具などで紹介する展示会が那覇市のタイムスギャラリーで開かれています。

この展示会は粟国島の自然や伝統文化などの写真や書籍などの資料をデジタル化して残し、活用しようという事業の一環で実施されています。

会場には粟国島の集落の風景や地域の人たち、家族で撮った写真などの他、飲料水をためる甕や鍋や茶碗などの懐かしい生活用品が展示されていて、人々の暮らしぶりを伺い知ることができます。この他、会場には当時の建物を立体的に見ることができる3D映像もあります。

主催者は島の歴史を残すために写真に写っている人たちの情報も求めているということです。この展示会は11日(月)までです。