パラリンピック陸上車イス競技の選手ら沖縄合宿

2016年9月のリオ・オリンピック、パラリンピックに向け車イス・トラック競技の選手たちが沖縄で強化合宿に励んでいます。

公開インタビューで松永仁志選手は「全員がリオデジャネイロのスタートラインに立つ気持ちを持って、残りの時間、全力で練習に取り組み万全で準備を進めたいと思います」と決意を語りました。

2016年9月にブラジルのリオデジャネイロで開催される、パラリンピックに向けた車イストラック競技の選手やスタッフなど、およそ20人が沖縄でのトレーニングに励んでいます。

合宿の参加選手の中には北京やロンドンのパラリンピックで出場し今回もリオでの活躍が期待されている沖縄市出身の上与那原寛和選手もいます。上与那原寛和選手は「ロンドンでは取れなかったものがあったので、そこで忘れたものを取りに行きたいなと思ってます。高い目標を掲げて一番良い色のものを取りに行きたいと思います」と話しました。

強化合宿は1月12日まで糸満市の西崎陸上競技場で行なわれます。