クルーズ船客の消費額“爆増”

8月に初めて那覇港に寄港した、世界2位の大きさを誇るクルーズ船です。全長348メートル、乗客は最大4600人収容という船のサイズも規格外なら、乗客らの消費額もまさに規格外。彼らが消費した総額は6億円を超えたという驚きの調査結果が発表されました。

2015年8月1日に那覇港に寄港したクルーズ船「クアンタムオブザシーズ」。沖縄総合事務局が実施したアンケート結果によりますと、乗客らがバスツアー料金などを除き、直接消費した金額は1人あたり13万8千円、合計で6億3500万円に上ることがわかりました。

2万円以内の消費で済ませる人が16%と最も多かった一方、30万円以上を消費した人が11%いて、富裕層が平均を大きく押し上げる結果となっています。

この「クアンタムオブザシーズ」、2016年度は沖縄へ少なくとも20回寄港することが決まっています。