城間市長「理解を得られるように進めたい」

那覇市牧志の公設市場の建て替え候補地を巡る問題で、城間市長は市場組合と意見は違うが、理解を得られるよう進めたいと述べました。

城間幹子那覇市長は24日の定例会見で「市としての決定ではないということはご理解いただきたい。我々の考えを撤回していくのではなく、理解を得られるように進めていきたい」と話していました

市では当初10月までに市場の建て替え場所を決定、今年度中に基本計画を策定する予定でしたが、城間市長は「まだ時間が必要。10月にこだわらない」と話し、予算を次年度に繰り越すことも視野に入れていると明らかにしました。