アオウミガメ 車にひかれ死ぬ

卵を産む前の悲しい事故でした。産卵のため陸に上がったアオウミガメが車にはねられて死ぬ事故が起きました。

16日の午後10時30分ごろ、大宜味村喜如嘉の国道58号で、この時期、産卵のシーズンを迎えているアオウミガメが道路脇にいたところを軽自動車にはねられました。

撮影した米須邦雄さんによると、現場は4年前にも卵から孵化したばかりの別の種類のカメが交通事故にあっているということです。また、以前は砂浜と道路を仕切る囲いがありましたが、現在は設置されておらず、親ガメが事故に遭うのは今回が初めてのケースだとしています。

ところで、死んだアオウミガメは産卵する前だったことから、お腹に残されていた卵は今後、美ら島研究センター(美ら島財団総合研究センター)で人工孵化させる方向だということです。