15-07-14-03

依然として被害が続く振り込め詐欺などの特殊詐欺を想定した防犯訓練が浦添市の銀行で行なわれました。

警察と銀行が合同で行った訓練では息子と名乗る人からの電話で200万円を要求され、振り込もうとする人を不審に思った職員が声をかけるところから始まりました。行員は慌てている客に対しても振り込む相手を再度確認するよう呼び掛けることを確認しました。

沖縄銀行内間支店玉城誠司支店長は「今回訓練によってですね。さらに意識が高まったと思いますので、日ごろから防犯に対する意識をやっぱり強めていかないといけないなという事を再認識しました。」と話しました。

県内の特殊詐欺件数は6月末現在で11件と去年より3件増え被害額も6900万円と去年より3400万円増えています。