県産品奨励月間・市長招いて給食

中川アナウンサーは「とっても良い香りがしてきました。こちらの小学校では、県産品を使った給食が振る舞われています」とリポート。7月は「県産品奨励月間」です。県産食材の美味しさや大切さを子どもたちに知ってもらおうと1日は那覇市の小学校で城間市長を招いて昼食会が開かれました。

「おいしい給食いただきます。」「いただきます。」

これは、県工業連合会が県産品の販路拡大につなげようと企画したもので、那覇市の城間市長や渡慶次教育長が招かれ、子ども達といっしょに給食を楽しみました。メニューは、トウガンやきくらげが入った伝統料理クーリジシや、西表島でとれた黒米ご飯にもずく入り油みそがのったものなど、ふるさとの味が並びました。また特別に、琉球漆器の器が使われ、子どもたちも少し緊張した様子で給食を運んでいました。

男の子に中川アナウンサーがなにがおいしかったか尋ねると「これとこれとこれとこれ」「牛乳以外全部お皿が(いつもと)違う」と元気に答えていました。また女の子は「おいしかった」とにこり。あっという間に皿はからっぽ。子どもたちの笑顔がいっぱい広がった昼食会でした。