15-06-21-03

全国の高校の写真部などが参加して毎年行われる「写真甲子園」。九州・沖縄ブロックの審査会が20日、福岡市で行われ、浦添工業高校が代表に選ばれました。

「写真甲子園」は、3人が一チームになり、自分たちで設定したテーマに沿って撮影した写真を組み合わせて、表現します。

審査会には、九州・沖縄ブロックの予選を勝ち抜いた5校が臨みました。2分間のプレゼンテーションで、審査員に作品の制作意図やストーリーを発表。審査の結果、浦添工業高校が見事全国大会への切符をつかみました。

作品は、感情表現や写真の立体感などが高く評価されました。浦添工業高校3年宮平愛美さん「連続で出場しているので、先輩たちの作品を越えて優勝できるようにしたいです。」全国大会は、8月4日から北海道東川町で行われます。