石垣市と竹富町ではきょう午後0時30分ごろに暴風と波浪の警報が発表されました。石垣島には、大矢記者がいます。大矢さん、そちらの様子はどうですか。

15-05-11-005

大矢記者「こちら石垣島です。午後2時頃から雨が降り始め一時やみましたが20分程前からまた降り始めました。暴風と波浪の警報の発表を受けて、市内の各小中学校は、午後から臨時休校となりました。また、石垣島と周辺の6つの離島を結ぶ船は、きょう午後3時半から全て欠航となるなど、市民生活や観光客への影響が出ています。また、街中では、飲食店や土産店が台風対策に追われる横で、観光客たちは、店が閉まる前にと、買物を急いでいました。」

大阪からの観光客「竹富島に行ってて、最初雨降ってなかったんですけど、2時ぐらいから降ってきて、もう(石垣島に)戻ろうかと戻ってきたばっかりで」

東京からの観光客夫婦「西表島とかいく予定だったんですけど、いけないみたいなので」「すごい残念です、はい」

また、石垣市内の畑では、農家が、収獲間近のオクラに、ネットをかぶせるなどして暴風と塩害に備えていました。

農家の男性「塩害の方が困るかなと思うので」「(台風が過ぎたら)急いではがして、水をかけて塩を洗い流そうと思っています」