浦添市案を正式提示 軍港協議会

那覇軍港の返還に伴う浦添への移設について話し合う協議会が28日防衛省で開かれ、浦添市が軍港の受け入れを前提とした西海岸のリゾート開発計画案を正式に提示しました。協議会には、防衛省などと、沖縄県、那覇市、浦添市、那覇港管理組合が参加しました。

この中で、先日、市長が選挙公約を撤回し、軍港受入を表明した浦添市は、独自に構想した西海岸のリゾート開発計画案を提示し、これを実現するために、軍港予定地を那覇市側に寄せてほしいと理解を求めました。これを受けて防衛省は「構成員の了解が得られれば調整をはじめたい」と応じました。