4.28屈辱の日 県民集会

沖縄が日本から切り離されたサンフランシスコ講和条約発効の日のきのう、那覇市で新基地反対を訴える県民集会が行なわれました。

1952年の4月28日に、サンフランシスコ講和条約が発効され屈辱の日とも呼ばれる28日、集会には主催者発表で2500人が集まりました。

この中で二見以北住民の会の松田藤子会長が「毎日、大浦湾での異常な光景が目に入る中、新基地は絶対につくらせない」と訴えました。そして「日米両政府は県民の民意を尊重し、新基地建設撤回を日米首脳会談で合意せよ」というアピール文を採択しました。

集会の後には国際通りをデモ行進し、参加者たちは「美ら海を未来に残そう」と声をあげました。