菅官房長官、翁長知事と会談へ

菅官房長官は4月4日に沖縄を訪れ、翁長知事と会談したい考えを明らかにしました。

菅官房長官は「翁長知事に対して、普天間飛行場の移設に関する政府の考え方、普天間飛行場の危険性の除去について、できればお会いさせていただいて意見交換したい」と話していました。菅官房長官はきょう午後の会見でこのように述べ、4月4日に開かれる西普天間住宅地区の返還式典に出席するため沖縄を訪れる考えを示しました。

またその際に翁長知事と会談する方向で調整していることを明らかにしました。辺野古への基地建設を巡り沖縄県と政府の対立の様相が深まる中どのような話し合いが行われるのか注目されます。

これを受けて翁長知事は「多くの県民の負託を受けた知事として辺野古に新基地作らせないという思いをしっかり伝えたい。政府においては、沖縄県の民意に耳を傾けてもらいたい」と話していました。