日系3世ハロルド・オクムラ氏が70年ぶりに沖縄へ

アメリカ軍の通訳兵として沖縄戦に従軍したハワイ出身の91歳になる日系三世の男性がおよそ70年ぶりに沖縄を訪れています。

日系三世のハロルド・オクムラさんは、沖縄戦でガマの中にいる日本兵や一般住民に対して日本語で投降を呼びかけるなどしました。

3月31日に訪れた糸満市摩文仁では崖から人が飛び降りる様子を目撃した当時を振り返り「戦争は全てを破壊する。次の世代には戦争の悲惨さを歴史から学んでほしい」と訴えました。

オクムラさんは、4月1日には読谷村にあるアメリカ軍の上陸地点や名護市瀬嵩の収容所跡地などを訪れる予定です。