嘉手納町議会辺野古工事に抗議決議

嘉手納町議会は27日、辺野古の新基地建設の中止と普天間基地の閉鎖、撤去を求める意見書を賛成多数で可決しました。

田仲康榮議員は「知事の工事中止、県民の安全確保の要請をも無視し、新基地建設作業を強権的に強行するのは民主主義に反する行為で、断じて許されるものではない」と述べました。

意見書では、埋立作業を推し進める政府に抗議するとともに新基地建設の中止と普天間基地の閉鎖・撤去を求めています。

これに対し、議員からは「私たちの足もとにある嘉手納基地の問題を先に解決すべきだ」と意見書に反対する声も上がりましたが、ほかの議員らからは「基地のために人権が侵害されている嘉手納町としても看過できない」など賛成意見も相次ぎました。審議の結果、意見書は賛成多数で可決されました。