県議会のアメリカ軍関係特別委員会は19日、与党会派から出された辺野古の新基地建設断念を求める意見書が審議され、12月24日の本会議で与党の賛成多数で可決される見通しです。

19日の委員会では、知事選で辺野古移設に反対する翁長知事が当選したことを受け、与党会派から日米両政府に対し辺野古への新基地建設の断念を求める抗議決議と意見書の案が示され審議されました。

これに対し、野党の自民党の委員から「選挙の結果は出たが、断念を求めれば普天間基地の危険性の除去の見通しが立たない」と意見書に反対する考えが示されました。

これによって軍特委での採決はならず、抗議決議と意見書の案は24日の本会議に与党会派の議員から改めて提出されることとなり、賛成多数で可決される見通しです。