学校給食にもっと県産食材を使ってもらおうと、18日に県主催の食材提案会が開かれました。

学校給食関係者を対象に行われた提案会では、県産の野菜や果物の試食も行われ、生産者らが調理の方法や食材の栄養価などについて話しました。

読谷紅イモ栽培研究会の比嘉妙子さんは「ご飯が重たい方にもお芋はすごく消化にいいし、栄養面もいいと思います」と話し、協同青果株式会社の地産地消コーディネーター津田雄祐さんは「健康長寿を支えた沖縄の野菜、栄養価の高い食べ方、昔ながらの食べ方、そういうものを学校給食でも取り入れていただきたい」と話していました。

県では県産食材を今後もより多く使用し、地産地消を促進するとしています。