那覇市議会は5日から代表質問が始まり、城間新市長は辺野古への工法変更申請について「承認判断は翁長次期知事に委ねるべき」という見解を示しました。

代表質問初日の5日、新風会の渡久地政作議員が辺野古への基地建設について質問。城間幹子市長は「子どもたちに重荷を背負わせないためにブレナイ政治姿勢を貫き、辺野古移設に反対していく」との姿勢を改めて示しました。

また、辺野古の埋め立てに伴う工法変更申請については「民意は辺野古移設に反対であり、翁長次期知事に判断を委ねるべき」と述べました。

5日はこのほか、市長が那覇市の最重要課題と位置づける待機児童問題についても答弁が行なわれる予定です。