シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え
シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

普天間基地や嘉手納基地など広大な基地を抱える中部、2区。前職2人の一騎打ちとなったこの選挙区の構図と訴えについてお伝えします。

浦添市や宜野湾市、中頭郡のある2区では届け出順に前職で社民党の照屋寛徳さんと、同じく前職で自民党の宮﨑政久さんの2人が立候補しています。

普天間基地を始め広大なアメリカ軍基地や施設を持つ2区。これまでの選挙でも基地問題へのスタンスが注目される選挙区でしたが、今回は両候補の政策の違いが明確です。

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

照屋さんは県知事選挙直後だけに、普天間基地の辺野古移設にはNOだという民意を安倍政権により強く突きつけようと訴えます。

照屋寛徳候補「圧倒的に(翁長さんが)10万票の大差で勝った。これはまさに沖縄県民の民意なんだ。しかしそれを無視して依然として政府が強行するこれは断じていけません」

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

一方の宮﨑さんは、県知事選挙の結果は重く受け止めるものの、普天間基地の危険性除去実現のために、辺野古を含むあらゆる選択肢も問わないとし、辺野古移設容認の姿勢です。

宮﨑政久候補「民意は重いということ同時に命は重いと。一つの方法を積極的に排除したうえで、敢えて選択肢を狭める必要はないじゃないかということで、辺野古の移設も含めていかなる可能性もいかなる選択肢も否定せずに危険性の除去に務める」

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

また、照屋さんは今回、もう一つの大きな争点として、県選出の自民党国会議員が県外移設を断念したことを公約違反だとして県民に問う選挙だとしています。

照屋寛徳候補「今度の選挙では自民党5人の国会議員の公約裏切り。これは知事選同様に有権者から厳しく問われると思う」

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

この問題に関して宮﨑さんは公約を撤回したのではなく、普天間基地の危険性除去に務めるという考えは一貫して変わっていないと主張します。

宮﨑政久候補「私自身は公約の幹は全く何も変わっていないというのは自信を持って言い続けている。極端な言い方をすれば、私はなんでもいいんです。なんでもいいから、とにかく普天間基地を移設してほしい」

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

革新地盤の2区。先月の知事選では全ての市町村で翁長さんが勝利をおさめているだけにその流れで5期目の当選を狙う照屋さん。

糸数慶子参議院議員「沖縄県民の総意を代表する照屋寛徳さんをオール沖縄の力を結集して、改めて日米両政府に選挙の結果を突き付けていきたい」

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

2年前の衆院選では比例での復活当選をした宮﨑さん。今回は浦添・宜野湾両市長が応援に駆け付け、2年の実績と政府とのパイプを強調します。

松本哲司浦添市長「この沖縄のためにこの普天間基地を抱える難しい2区のためにどれだけ汗をかいてきたか。我々には2区にはこの沖縄には宮﨑政久が必要なんです」

また、基地問題以外にも多くの課題を持つ2区。それぞれが大きく掲げている政策を伺いました。

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

照屋寛徳候補「沖縄から仮称ですが、子ども特区をつくって子ども達の保育や教育の充実のための国の支援を求めていく」

シリーズ沖縄の岐路 衆院選2区 候補者の訴え

宮﨑政久候補「来年3月には西普天間地区が返還される。ここに医療が集積してくるということを踏まえスポーツ産業と医療の融合をする」