県警は、21日夜から22日けさにかけて県内各地で取り締まりを実施し、飲酒運転や無免許運転など120件を検挙しました。

県警本部によりますと21日午後9時から22日午前7時にかけて一斉飲酒運転取り締まりを実施しました。

検問は主要幹線道路で14カ所。盛り場周辺が5カ所の他自動車道などあわせて25カ所で行われました。

その結果、飲酒運転が3件、無免許運転が4件。速度超過が15件の他、信号無視や携帯電話の使用など検挙数は120件になりました。

県警では飲酒の機会が増える年末はそれに伴い飲酒運転増加の恐れもあるため幹線道路や生活道路などあらゆる場所で取締りを実施していくとしています。