知事選への出馬を巡り、民主党本部から代表変更の指示を受けていた県連では、10日に喜納代表が辞任する意思を示し、これを承認しました。

民主党県連では10日に常任幹事会を開き、県知事選への出馬を巡り党本部から指示を受けた代表の変更について協議しました。この中で喜納代表からは党本部の指示に従う形で代表を辞任する意向が示され、承認されたということです。新代表には、花城正樹那覇市議が選出されました。

県連では9日までに喜納さんの出馬の辞退も視野に、翁長前那覇市長側に埋め立て承認撤回の文言を政策に盛り込むよう求めていましたが、翁長さん側からは従来の見解が示されました。喜納さんは今後、党籍を残したまま、知事選に出馬する考えです。