26日、県の又吉知事公室長は、辺野古への基地建設について、「現実的な方策」との考えを示しました。

26日の県議会代表質問で県民ネットの山内末子県議は、辺野古への基地建設についての県の考えを質しました。これに対し、県の又吉知事公室長は、「埋立申請は、法に定められた基準に適合していると判断し承認した」と従来の見解を繰り返したうえで、辺野古への基地建設は、「普天間基地の危険性を抜本的に解決する現実的な方策」との考えを示しました。

また、名護市長選挙や、名護市議会議員選挙で、辺野古反対の民意が示されたことでアメリカ政府と再協議するべきとの指摘に対しては、「普天間基地の危険性除去のためには現実的ではない」と述べました。