9月21日から始まる全国秋の交通安全運動を前に、浦添市で出発式が行われました。

秋の交通安全運動は子どもと高齢者の事故防止をめざし実施されているものです。出発式には、地域の住人や、園児たちが参加し1日交通機動隊長のラジオパーソナリティの玉城美香さんが、白バイやパトカーに異常がないか車両点検を行いました。

県内では依然、飲酒運転が後を絶たずシートベルトの着用率が全国で最も悪くなっていて警察では今後も取締を徹底したいと話しています。

17日までに、県内では交通死亡事故が27件発生していて29人が死亡しています。