11月の県知事選挙に出馬を表明している那覇市の翁長市長が16日、那覇市内で事務所開きを行いました。

事務所開きには経済関係者を始め、超党派の議員など多くの支持者が集まり、結束を呼びかけました。

この席で翁長市長は「県知事選挙で審判が下る、沖縄県民が審判を下して、ノーということになったら、私は必ず辺野古は造らせない」と述べました。そして改めて辺野古への基地建設反対の姿勢を強調しました。

ひやみかちうまんちゅの会の呉屋守將選対本部長は「解釈の余地を与えないほどの圧勝で、この知事選を勝ち取ろうではございませんか。頑張りましょう」と話していました。

知事選を巡っては、現職の仲井眞知事と元郵政民営化担当大臣の下地さんも出馬を表明しています。