11月の県知事選挙に向け、那覇市の翁長市長が13日に会見を開き、正式に出馬を表明しました。

翁長那覇市長は「揺るぎない思いを抱き、来る沖縄県知事選挙に臨みたいと、固く決意しております」と13日の会見で述べ、正式に知事選への出馬を表明しました。

那覇市の会場には1700人あまりの支持者らが詰めかけ、翁長市長は改めて辺野古への基地建設反対の姿勢を示し、結束を呼びかけました。

翁長那覇市長は「今や米軍基地は沖縄経済発展の阻害要因です。今、政府によって強行されている辺野古新基地建設には断固反対します」と話しました。

知事選を巡っては、現職の仲井眞知事と元郵政民営化担当大臣の下地さんも出馬を表明し、三つ巴の構造となる見通しです。