統一地方選挙のピークとなる7日名護市や宜野湾市など県内24の市町村では、議会議員選挙の投票が続いています。

7日午後5時現在投票が行われているのは名護市や宜野湾市など5つの市を含む県内24市町村の議会議員選挙です。

このうち27の定数に35人が立候補している名護市では、午後4時現在の投票率は、29.16%で、前回の市議選より3.4ポイント低くなっています。

また、6日までの期日前投票では、2000人余り多い1万2647人が投票を済ませています。名護市議選は辺野古への基地建設に絡み市議会での与野党の構図が、今後の市政や国政にも影響を与える可能性があります。

投票は7日午後8時までです。