お年寄りや障害を持った人への虐待・差別など人権にかかわる問題を受けつける電話相談が8日から14日まで、受付時間を延長して行われています。

相談は、高齢者や障害を持った人に対する差別や虐待、嫌がらせをなくそうと行われるもので人権擁護委員と法務局職員が、当事者から電話で悩みや困りごとの相談を受け付けます。受

付の番号は0570003110で8日から14日までは受付時間を延長、土日も対応するということです。