3日に発足した第2次安倍改造内閣で沖縄の基地負担軽減担当大臣を兼務することになった菅官房長官は、「辺野古への移設が最良の選択だ」との考えを示しました。

菅官房長官は3日、初閣議後の会見で「米軍の抑止力、危険除去という中で、最良の選択が辺野古への移設だと私どもは考えている」と述べ、一日も早い普天間基地の危険性除去のため、政府が進める辺野古への移設に理解を求めました。

また、初入閣で沖縄担当大臣となった山口氏は、沖縄振興に全力を尽くす考えを示し「沖縄が発達することによって、日本の経済を引っ張っていくとそんな思いもありますので、振興策は振興策としてしっかりこれはやらせていただきたい」と述べました。

また山口大臣は、沖縄振興予算について、知事選の結果に関係なく約束を果たしていくと述べ、基地負担とはリンクしないと強調しました。