生活保護の受給手続きなどで困っている人を支援するため、那覇市で26日司法書士らによる無料相談会が開かれています。

相談会は行政書士や弁護士などでつくる「生活保護支援九州ネットワーク」が実施しています。生活保護を受けようという人の中には窓口でまだ働けるのではとか保護費を減らされてしまったといった相談が多いということで専門家は一人で悩まず、相談してほしいと話しています。

生活保護支援九州ネットワークの安里長従司法書士は「(生活保護に関する)色々な問題を解きほぐしながら整理をして生活保護が必要であれば一緒に申請に同行したり、そういった援助をしています」

生活保護相談会は面談と電話できょう午後5時まで受け付けています。