国際的なフラダンス大会「カギマナフラ」が18日、宮古島市で開かれました。

この大会は、宮古島市の姉妹都市、ハワイ・マウイ島との親睦を深めようと2013年から始まりました。

大会名の「カギ」は宮古島の言葉で『美しい』、「マナ」はハワイ語で『魂』という意味で、フラダンスを通じて「美しい島々のスピリット」を表現するという意味が込められています。

18日のコンペティション部門には、県内外からおよそ160人が参加し、華やかな衣装でフラを披露しました。観客は、ゆったりとしたフラの演技に引き込まれていました。