ジュゴンの保護を求める市民団体が海洋哺乳類の保護と保全を担うアメリカ政府の独立機関に基地建設が、ジュゴンに与える影響を検証するよう要請します。

要請するのはジュゴンの保護活動を行っている市民団体で5月20日に、海洋哺乳類の保護と保全を担うアメリカ政府の独立機関、MMCにアメリカ国防総省の分析についての検証とコメントを求めると共に辺野古を実際にみてもらえるよう求めます。

また、彼らはジュゴンへの影響を調べる必要性を訴えその際、日本の環境アセスの問題点を指摘することにしています。

市民団体は、「国際社会や国際機関を味方につけることで基地建設をとめることができるのではないかと期待している」と話しています。