夏のご挨拶、お中元の販売が24日にスタートしました。那覇市のデパートでは多くの商品をそろえ、出陣式も開かれたようです。

沖縄三越で開かれたお中元商戦の出陣式。はっぴ姿の従業員を前に、杉山潤治社長は売り上げ2億1000万円、前年比103%の目標を掲げ、全員を激励しました。

特設コーナーには多くのお勧め商品がずらり、割引特典も用意されています。夏のお中元は、ゼリーや羊羹などの定番、ビールなどの飲料やそうめんも人気です。

一方、デパートリウボウでは九州8県の百貨店お勧めのギフトをはじめ、物産展で好評だった県産品も前面にPRしています。

お中元ギフトセンターの下里雄一センター長は「この夏は県産品ギフトをおすすめしています。アイスやマンゴーなど、定番の県産品が人気です」と話していました。

デパートリウボウのお中元ギフトセンターは前年比103パーセントの売り上げを目標に、およそ800点の商品を揃え、8月31日までオープンしています。