News Photo

アメリカ軍のウエバー四軍調整官は24日朝、県庁で、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイを北部訓練場でも使用する可能性があることを示唆しました。これは仲井真知事との面談のため県庁を訪れたウェバー四軍調整官が、QABの取材に対してこたえたものです。

記者の「オスプレイを北部訓練場で使用する計画はあるのか」との質問に、ウェバー四軍調整官は「オスプレイの(北部訓練場への)最終的な運用計画は現時点ではまだ認識していない」、「オスプレイの運用計画の作成を進めていいて、まだコメントできる段階にない」とこたえました。

名護市にあるアメリカ軍キャンプ・シュワブ沿岸部に建設予定のヘリ基地に配備を計画しているオスプレイは、開発段階で墜落事故が相次ぎ、欠陥機との指摘も多い輸送機です。

24日の取材に対して、ウエバー四軍調整官は北部訓練場での使用について否定せず、運用計画の策定を進めていることを明らかにしました。移設工事がまもなく始まる東村高江区へのヘリパッドは二つのヘリパッドをつなげる計画で、オスプレイが離着陸できるよう中央部に滑走路を設置するものと見られています。