2018年9月12日 18時28分

新たに10億円を資金調達 県内ベンチャー最大規模

新たに10億円を資金調達 県内ベンチャー最大規模

県内のIT企業がベンチャー企業としては県内最大規模となる約10億円を資金調達しました。

ショッピングアプリPaykeは、商品のバーコードにスマホをかざすと、その商品の情報が多言語で表示されるもので、ダウンロード数が70万回を超えるなど、日本を訪れる外国人を中心に人気が広がっています。

Paykeの古田奎輔社長は12日、那覇市で記者会見し、外資系の投資会社や沖縄振興開発金融公庫から合わせて約10億円を資金調達したことを発表しました。

県内のベンチャー企業としては、最大規模となり、調達した資金は海外でのプロモーションなどに使われます。

古田社長は「沖縄の企業という誇りをもって、世界で戦っていきたいと」と抱負を語りました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.