2018年6月1日

Qプラスリポート 手作り「かりゆしウェア」母と息子が思いを込めて

続いてはQプラスリポート、今回は金城さんのリポートです。嘉手納町の小さなお店で作られるかりゆしウェアの魅力を取材してきました。 針に素早く糸を通し、手際よく生地を縫い合わせていくのは上原文江さん。60年以上、縫製の仕事に携わてきました。 上...続きを見る

F22が訓練開始 

嘉手納基地に暫定配備されたF22戦闘機が6月1日、訓練を開始。初日から緊急着陸です。 嘉手納基地では1日午前に離陸したF22戦闘機のうち1機が何らかのトラブルで嘉手納基地に戻り緊急着陸。滑走路上に消防が駆け付ける様子がみられました。 アメリカ軍...続きを見る

高校生が染織の職人に学ぶ

沖縄の伝統芸術、文化に高校生が触れました。染織の職人の技術を首里高校が産地で研修です。国の指定文化財である「芭蕉布」と「琉球藍」。 6月1日、首里高校染織デザイン科の生徒40人が沖縄の染織への理解を深め、自らの感性を磨くことを目的に、芭蕉布の産地である大...続きを見る

世界自然遺産登録 推薦取り下げを閣議決定

沖縄・奄美世界自然遺産6月1日、政府は取り下げを閣議決定しました。 本島北部や西表島などの世界自然遺産への登録をめぐっては先月、ユネスコの諮問機関が、登録延期を勧告。これを受け政府は1日の閣議でユネスコに提出していた推薦書を一旦取り下げることを正式に決定...続きを見る

離島体験事業「島あっちぃ」あすから募集開始

県民が自ら体験して楽しんで、それが沖縄観光にもプラスになる。2017年も話題になった事業の参加者を6月1日から募集です。 離島観光を楽しみながら県民同士が交流を深め、離島振興につなげる県の事業「島あっちぃ」。1日からモニターツアー参加者募集が始まりました...続きを見る

名護市民の台所でメジロが子育て

かわいい、メジロ親子の家は名護市民の台所でした。貴重な子育ての撮影に成功しました。 繁殖期真っ只中のメジロの雛。大きく口を開ける3羽の雛に親鳥が代わる代わるエサを運んでいますが、巣を作ったのはなんと、名護十字路に面した“市民の台所”名護市営市場。ケーキ屋...続きを見る

かりゆしウェアを閣議で着用PR

6月1日はかりゆしウェアの日です。1日の閣議では、恒例の大臣全員がかりゆしウェアを着用して閣議に臨みました。 これは、夏の軽装、「クールビズ」推進の一環で、毎年6月最初の閣議で着用し「かりゆしウェア」の普及を推進しているものです。 2007年から始まっ...続きを見る

かもめ~る販売開始

夏のおたより郵便葉書、「かもめ~る」の販売が6月1日に始まりました。 那覇中央郵便局でのセレモニーでは、地元の保育園の園児らが元気いっぱいに踊りを披露し、「かもめ~る」の販売開始を盛り上げました。 1日から発売される「かもめ~る」は、無地の...続きを見る

企画展「考古学から見た那覇」始まる

那覇市内の出土品などを展示した企画展が、6月1日から那覇市で始まりました。 企画展では、小禄鏡水から出土した7000年前の縄文時代のものとされる「爪形文土器」をはじめ、首里城から出土した14世紀から15世紀のものとみられる「鉄の剣」など、17...続きを見る

浦添北道路・臨港道路浦添線で58号渋滞が緩和

2018年3月の浦添北道路と臨港道路浦添線の開通によって、国道58号の渋滞が一定程度緩和されたことが分かりました。 沖縄総合事務局によりますと、2018年3月18日に開通した浦添北道路と臨港道路浦添線の交通量を開通1カ月後に調査した結果、それ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.