2017年2月28日

シリーズ「海外市場に挑む」 世界レベルのガイド技術を学ぶ

今日から来月にかけ、3回にわたり、海外で様々な研修を行い、海外展開やインバウンドの強化を図ろうとする県内企業の挑戦を取り上げます。 今日は、世界レベルのガイドツアーのノウハウを得ようとニュージーランドで研修を行う西表島のカヤックツアー会社の挑...続きを見る

通信制高校 笑顔満開の卒業式

明日からは3月。卒業シーズンがやってきますが、スポーツ、芸術活動や特別な事情で通信制の高校を選んだ人たちがいます。全国から生徒が集まるその高校の卒業式にお邪魔しました おととい、本部町にある通信制の高校で卒業式が行われ...続きを見る

漁業権放棄でも岩礁破砕許可は必要 県答弁

辺野古の新基地建設のための岩礁破砕許可が3月末で期限切れを迎えることについて、県は、政府が4月以降に再び翁長知事の許可を得る必要があるという考えを示しました。 県の規則では、漁業権が設定されている海域で岩礁を破砕する際には、知事の許可が必要と定め...続きを見る

シンポジウム「今こそ辺野古に代わる選択を」

「辺野古」を唯一とするアメリカ軍再編計画の見直しを提言するシンポジウムが開かれました。 政治や外交について、国際的に情報発信を行うシンクタンクが27日に開いたもので、名護市辺野古に移設される海兵隊の機能や運用そのものについて、軍事・防衛の観点から...続きを見る

寄宮中1年1組 給食完食 170日を達成

教室が達成感に包まれました。那覇市の寄宮中学校で、1年生のクラスが全員で協力して給食を残さず食べる「給食完食」に挑戦し、170日の連続記録を達成しました。 きょう昼過ぎ、1年1組の教室では、給食の準備が進んでいました。このクラスでは当初、食べ残し...続きを見る

漁業権放棄でも岩礁破砕許可は必要 県答弁

2月28日の県議会で県は、辺野古の新基地工事に必要な岩礁破砕許可について、期限切れとなる4月以降、政府は再び知事の許可を得る必要があるという考えを示しました。 新基地が建設される予定の海域をめぐり政府は、立ち入り制限水域を含む約560haの漁業権...続きを見る

オーキッドバウンティが660万円贈呈

3月2日から始まる女子プロゴルフの開幕戦ダイキンオーキッドレディスを前に、県内で活躍する個人や団体に2017年も支援金が贈られました。 沖縄県の芸術・文化・スポーツなどの振興を支援する、「オーキッドバウンティ」は、プロアマ大会参加者や主催企業...続きを見る

美術工芸・合同写真展

県内在住のプロやアマチュアによる写真や美術作品を発表する作品展が22月28日から那覇市で始まりました。 2017年で25回目となる展示会には、写真や、彫刻、陶芸、版画など色鮮やかな91の作品が並んでいます。 このうち、写真部門の金賞...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.