2016年8月25日

つながる × ウンガミ 神事支える96歳の「ノロ」

塩屋湾を囲む7つの集落で行われる大宜味村塩屋の「ウンガミ」。歴史は、およそ500年と言われています。今年も爬竜船に五穀豊穣や無病息災・子孫繁栄の祈りを乗せて盛大に行われました。 この神事に欠かせないのは、「ノロ」。ノロとは、神とこの世をつなぐとさ...続きを見る

第3次嘉手納爆音訴訟 きょう結審

「静かな夜を返して欲しい」34年、3次にわたり訴え続けた裁判が、8月25日結審しました。 嘉手納基地周辺の住民が、航空機の夜間早朝の飛行差止めなどを求めている第3次嘉手納爆音訴訟が結審しました。この裁判では嘉手納基地周辺の住民2万2000人あまり...続きを見る

「私の願いは爆音の差し止め」34年間 訴え続ける思い

第3次嘉手納爆音訴訟、この裁判で、34年前の第1次訴訟から原告として騒音被害を訴えてきた女性がいました。上間記者のリポートです。 原告団の一人、佐々木末子さん。1982年の第1次訴訟時から、嘉手納基地の騒音被害を訴え続けています。 佐々木さ...続きを見る

知事会見で高江は「過剰な警備」

アメリカ軍のヘリパッド工事が進む東村高江で新たな動きです。8月25日午前、沖縄防衛局の職員が突然、N1裏と呼ばれるゲート前に現れ、工事に反対する住民らが設置しているテントの裏側の場所で新たな柵を設置する作業に入りました。 説明を求める住民らともみ...続きを見る

県公安委資料 反対市民を「犯罪勢力」

県公安委員会が高江で反対する市民について「犯罪勢力」と表現していたことがわかりました。これは沖縄平和市民連絡会が県公安委員会に情報公開請求を行い明らかになりました。 文書では警視庁と5つの県警から派遣されている警察官の人数や派遣期間が非開示として...続きを見る

きょうが夏休み最終日 子どもたちは?

那覇市では8月26日から1学期後半がスタートします。夏休み最終日の児童館をのぞいてみました。 8月25日で楽しかった夏休みは終わり。子ども達、宿題に追われているかと思いきや、子どもたちは元気に遊んでいました。 話を聞いてみると「(がんばりノ...続きを見る

辺野古裁判報告会「地方自治が問われている」

辺野古をめぐり国と県とで争われている裁判。8月24日、県側の弁護士らによる緊急報告会が開かれました。 報告会で翁長知事は「和解条項も色々書いてあるが根底にあるのはね、話あって決めなさいと」「今私たちが、国だ県だとか判定をしても、解決はしない」と話...続きを見る

台風10号大東島地方に接近

非常に強い台風10号は勢力を上げて南大東島に接近、26日にかけて停滞することから大東島地方では高波や強風に注意が必要です。 非常に強い台風10号は25日午前9時には南大東島の南およそ260キロにあってゆっくりとした速さで南西へ進んでいます...続きを見る

第3次嘉手納爆音訴訟 結審

嘉手納基地周辺の住民が、航空機の夜間早朝の飛行差止めなどを求めている第3次嘉手納爆音訴訟が25日結審しました。 この裁判では嘉手納基地周辺の住民2万2000人あまりが、アメリカ軍機による夜間早朝の飛行差し止めなどを求めているものです。...続きを見る

翁長知事会見「寄り添うとは程遠い」

翁長知事は、25日定例会見を開き、機動隊が市民を排除している現在の東村高江の状況について、「県民に寄り添うとは程遠い」と、政府の対応を批判しました。 翁長知事「県民に寄り添って、しっかり話し合いをしていきたいというもの(政府の姿勢)とは程遠い...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.