16-08-25-03

翁長知事は、25日定例会見を開き、機動隊が市民を排除している現在の東村高江の状況について、「県民に寄り添うとは程遠い」と、政府の対応を批判しました。

翁長知事「県民に寄り添って、しっかり話し合いをしていきたいというもの(政府の姿勢)とは程遠いのではないかという風にいまの高江の現状を見ております」翁長知事は、複雑な沖縄の基地問題解決のためには、県民との信頼関係が何より重要だという認識を示し、工事を強行する政府の姿勢を批判しました。

一方、昇降機の故障が長引ているゆいレールの問題については、「市民や観光客の皆さんにご迷惑をおかけしたことに忸怩たる思いがある」と述べ、今後、駅舎施設の一元管理など、早急に改善策を検討する意向を示しました。