2016年3月18日

ゲルニカ・タピスリ展 あすいよいよ開催

                                                                                                                                 ...続きを見る

宮古島市議 子ども貧困対策「やりすぎ」発言

深刻化する子どもの貧困問題は、「貧困の連鎖」という、この流れがあるとされています。子どもや親だけの力では抜け出せない社会の課題があることを指摘しているわけですが、そんな中、耳を疑う発言が飛び出しました。 3月17日宮古島市議会の一般質問で...続きを見る

米兵暴行事件受け女性団体が要請

アメリカ兵による暴行事件を受け、3月18日、県内の女性団体が抗議の要請を行いました。 外務省沖縄事務所を訪れたのは、県女性団体連絡協議会のメンバーで被害者への謝罪や補償、再発防止の徹底、そして日米地位協定の改正などを求めました。 要請し...続きを見る

琉球大学・県立芸術大学で卒業式

3月は卒業シーズン18日、県内の大学では卒業式が行われ多くの学生たちがキャンパスを巣立っていきました。このうち、琉球大学の卒業式ではスーツや振袖に身を包んだ1806人の卒業生が家族に見守られながら式に臨みました。 大城肇学長は「地域・国際...続きを見る

宮古島市議 子どもの貧困対策「やりすぎ」

17日の宮古島市議会の一般質問で、西里芳明市議が子どもの貧困対策について「やりすぎだと思う」と発言していたことがわかりました。 西里市議は「これは僕はやりすぎだと思いますよ」「そんな子どもたちにそこまで手厚くしてやる必要があるのか。私は子どもは貧...続きを見る

東村高江 工事阻止2年を前に集会

東村高江でアメリカ軍のヘリパッド工事を阻止してからまもなく2年となるのを前に、17日に高江の住民らが集会を開きました。 集会には、高江区の住民も含め200人余りが参加し、8年あまり続く座り込みで工事を2年間、阻止できたと意義を強調しました。 ...続きを見る

日米の高校生が国際交流

アメリカからやってきた高校生たちが浦添市の高校生と国際交流です。 外務省の国際交流事業「カケハシプロジェクト」で沖縄を訪れているのはモンタナ州ボーズマン高校の生徒達です。 17日に浦添高校で開かれた歓迎会では、沖縄の生徒が空手などを披露する...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.