宮古島市議 子どもの貧困対策「やりすぎ」

17日の宮古島市議会の一般質問で、西里芳明市議が子どもの貧困対策について「やりすぎだと思う」と発言していたことがわかりました。

西里市議は「これは僕はやりすぎだと思いますよ」「そんな子どもたちにそこまで手厚くしてやる必要があるのか。私は子どもは貧乏だからこそ向上心を持って進歩するんじゃないかなと思いますので」と発言。

17日の議会で西里芳明市議は「子どもは貧乏だからこそ進歩する」と、子どもの貧困対策ついて持論を展開しました。

この発言について、県子ども貧困調査特別研究チームの相談役で沖縄大学の加藤彰彦名誉教授は「子どもの力で解決できない問題を議員として放棄した発言だ」と批判しています。